珊瑚の成長過程

知りたい珊瑚の豆知識

珊瑚の成長過程

珊瑚の成長過程 珊瑚は動いている姿が見られず木のような姿をしているため間違われやすいですが、動物の一種です。一定の時期が来ると卵を産み、適当な場所に住み着くものです。
珊瑚の身体を構成しているのは「ポリプ」という名前が付けられていて、種類によってはひとつのポリプだけで成り立っているものや複数のポリプが集合してひとつの群れを構成しているものもあります。珊瑚の成長とはこのポリプの成長を指していて、個体それぞれが独自に大きくなります。
ポリプは動物なので食事をし、海中に漂うプランクトンを捕獲して食べています。その他には褐虫藻という藻の一種を体内に飼っていて、その藻が光合成をして得た栄養を分け与えてもらって生きるエネルギーとしている種類もあります。
非常に敏感な動物であるためプランクトン量や水温などに大きく左右されやすく、宝石として取り扱われるようになる前にダメになってしまう物も多いです。そうして年単位の成長を経た上で、珊瑚は買取で高価に取り扱われます。

珊瑚は長生き

珊瑚は長生き 珊瑚は長生きする生物です。長いものになると500年から1000年生きているとされます。そのことから健康長寿のお守りとして珊瑚は昔から利用されてきました。また、魔除けや厄除けのためのお守りにもなっています。その他、見た目が美しいことからそれを宝飾品や置物などに利用することも古くから行われてきました。このように、珊瑚は人とのつながりが昔からある物です。
そして、成長が遅く絶対数が少ないため、希少価値も高いです。そのことから、買取価格も高くなる傾向にあります。もし、不要になった物が眠っているならば売ることでまとまったお金を手に入れることができる可能性があります。ただし、売るならお店は良く選びましょう。専門的に扱うところなら価値を把握するのが正確で価格提示も正確になりますが、そうではないところは算定が価値を反映していない可能性があります。それは扱いなれていないことや、購入後のルートが確立されていないことが原因です。