初心者のための珊瑚情報サイト

知りたい珊瑚の豆知識

このサイトでは、珊瑚の買取価格の相場に関して述べています。
価格は、中国などが乱獲する事で規制の影響で急上昇しています。
珊瑚は「動物」であり、ワシントン条約で保護されていますので、市場に出回るのは養殖の物が多いです。
安く入手するには、カットなどの加工が行われる前の物などを入手する必要があるでしょう。
状態や品質で買取価格の相場が変動していくという事を述べており、売却を考えているのであれば、役立つでしょう。

珊瑚の買取価格の相場は?

珊瑚の買取価格の相場は? 珊瑚の市場での相場は、海外での需要や年代物、市場での消費者のニーズの高さに応じて変わってきます。
珊瑚の品質は、鑑定する時に重要な要素であり、宝石の価値があるのかどうかを判定していきます。
珊瑚のユーザーが高値で買取を希望する時、買取価格の相場に注目しておく事は大切であり、所有している物が現在どれぐらいの価値があるのかをしっかりと把握しておいた方が良いです。
高く買い取ってもらうには、保存状態を良くしておき、色や艶が良い物である事が鑑定で証明されそうな物を鑑定先へ持って行く事です。
買取価格の相場は、2万円から15万円ほどと価格帯が広くなっています。
珊瑚の産地や質の高さが重視され、大きさや年代など複数の要素が最終的な査定金額を決定づけます。

高値の珊瑚の特徴

高値の珊瑚の特徴 珊瑚は海の中に生息して、様々な色や形が特徴的な刺胞動物です。
イソギンチャクやクラゲもその仲間に含まれており、種類によってはリングやネックレスなどのアクセサリーに加工され、高値で取引される物も存在します。
高値で取引されるのが、赤珊瑚で人気がある為に手に入りにくい種類です。
高知県沖の約300メートル程の海底に生息しており、美しい色彩と品質の良さから海外でも需要が高いです。
以前は多く輸出されていましたが、その数も減り現在では希少価値高い事から価格も高騰し続け、買取価格も大きいです。
その他では、桃色珊瑚があります。
日本の近海の広い範囲に生息しており、彫刻細工であったり美術工芸品の素材として用いられる種類です。
一言で桃色と言っても、ピンク、オレンジ、赤に近い色調を持つ種類があります。
白珊瑚は、東シナ海から日本近海で採取されるもので、象牙のような色が基調となっており希少性が高いのが特徴です。
綺麗な白色は、人の目を引き仕上がりの美しさがある事から高値で取引されます。
全てが貴重な存在であるので、高価なためにワシントン条約で違反となる品物も存在するので、買取市場でも取り扱いに注意されているジュエリーもあります。

珊瑚の買取査定関連サイト

珊瑚買取をお考えでしたら、是非査定をお申し込みください。

珊瑚 買取 査定